shio’s blog

静岡県出身、現在東京の大学に通う一人間のストーリーです。

自分をメタ認知するということ

ゼミで読んでいる『ハマータウンの野郎ども』。

 

イギリスの階級社会の中の学校で、なぜ労働者階級の人たちは再生産されてしまうのか。なぜ、数ある選択肢の中から労働者階級となる選択を自ら選び取っていってしまうのか。ということについて書かれている。

 

ゼミ中、先生が言った。

「なんで君たちはハーバード目指さないの?そこでMBA取ったら初任給2,000万とか4,000万とかそんな世界が待ってるのに。でも目指さんでしょ?なんでだと思う?」

 

なんでだろう。

今の現状に満足しているから?自分には無理だと無意識に思っているから?それとも自分には目指すべき道がある、そっちのほうが自分のやりたいことだって強く思っているからなのかな。

 

最近、同じような体験を何回もしている気がする。

何気なく使う、「人権」という言葉。無意識にそれが正しいことだと思って、それを盾にしてしまうことが往々にしてあるけれど、それって別に普遍的な考えじゃなくて。

自分が正しいと思ってたことが、実は正しくないんじゃないかって感がる時が多くて、その度にすごい自分のことが怖くなる。

人は考えるし、経験するし、それをする度に賢くなったと思う。自分また成長したなーって。でもそれはもしかしたら自分の中にめっちゃ大きな「井」を作り出しているだけかもしれない。(井の中の蛙の「井」。笑)

だから、学校って大切なんだ。今の時代、自分から求めようとすればどんな知識だって得ることができるかもしれないけど、それって自分の範疇の中でされてることが多くて、自分に興味がなかった分野とか、知らなかった分野とか、自分の「外」側から知識を突き付けてくれる環境ってすごいなって思う。

 

でも実はこのことについて前にも感じていて。授業受けるたびに「絶対何かを得てやるんだー!!!!!」ぐらいの気持ちを持って授業を受けていた時期があって。(大学2年前期?)でもモチベーションを失って流されてやっぱいいかなーとかなっちゃって。

 

大きく分けて、3つ道があると思う。唐突だけど。笑

 

  1. 環境そのものを変えて、自分の外側にあったものを吸収すること
  2. 他人の価値観に依存して、進んでいくこと
  3. 自分で価値づけをして、達成していくこと

 

1.環境そのものを変えて、自分の外側にあったものを吸収すること

これは、留学とか編入とかそんな類のこと。大学1年終わるときとかは、自分は環境変えないと成長できないんじゃないかとか思って、本気でtransfar考えてたときとかもあった気がする。それも立派な選択肢だと思うけど、その時の自分は、「環境を変えないと成長できない自分がいる」ってことを認めるようで、嫌だった。

 

2.他人の価値観に依存して、進んでいくこと

自分がいかに他人の価値観に依存して生きているかってことは近頃めちゃくちゃ痛感しているとこであります。でもこれって、世界が無数みたいなイメージで、人の数だけ価値観があるからいちいちそれに合わせて生きていくのって死ぬほど疲れる。よくやってたな自分って感じ。笑

 

3.自分で価値づけをして、進んでいくこと

今まさに挑戦中。自分の中で価値判断をして、チャレンジしてみるのかしてみないのか。挑戦している過程でほかの人に「意味なくね?」とか言われても、自分の中で価値判断を冷静にして、それでもやるべきだと決めたら進んでみる。元々ここは自分の中で一番弱いところで、さっきのメタ認知した後、どう生き方を変えてくかってところも一番鍵な気がしてる。

 

自分の状況をメタ認知して、いかに構造的に自分が「考えない」人間だったかとか「井の中の蛙」だったなとか思った後に、いかにそれを変えていけるかが大切なんだなって痛感してる。

英語喋れるようになるぞ、とか思って何回もチャレンジし「よう」としてるけど、一度も完璧に達成できたことはないし。それってもしかしたら自分の意志だけの問題じゃなくて、話せなくても生きていける、っていう構造の問題かもしれなくて。それに甘んじて生きていて、将来構造にまみれてたって気づくようなことがあったらめっちゃ怖くない?もしかしたらそれにすら気づかない可能性だってあるわけで。

 

今気づいたことってある意味幸せなのかも。自分に対して常に注意を払いながら、強い意志をもって生きていきたいなって思います。

 

言いたいこと、支離滅裂すぎてまとまらんかった。笑

自分をメタ認知→強い意志を持って進む→それを諦めそうになったときもしかしたらそれも構造にまみれている証拠なのかもってアラート鳴らしてみる→進む…

 

うーむ…

f:id:rshiozaki:20170601012349j:image