shio’s blog

静岡県出身、現在東京の大学に通う一人間のストーリーです。

高揚感と虚無感

 

可能性への高揚感と別れへの虚無感が入り混じる。

 

そんな季節。この日この頃。

 

たった21年の時間しかまだ生きていないけれど、大学に入ってからの3年間は今まで過ごしてきた時間の中で最も色付けされた期間であった。自分自身の言葉で表現できることがちょっと増えた。

 

人の人格は円グラフで表せるなんて思想があるらしい。円グラフの中身は関わっている人。一度かかわった人は自分の中の円グラフから一生消えることはないけれど、割合は常に流動的なんだ。その割合が常に人の性格を形成してる。

 

この3年間は、圧倒的に大学のポル科とjascのメンバーが大きかった。今の自分の人格はその二つに大きく左右されているのだと思う。

 

この2つは自分の3年間をひたすらに濃密にしてくれた。

温かな、目的を必要としない人間関係を僕にもたらしてくれたポル科は本当にかけがえのない存在。自分と全く異なる分野で自由奔放に動き回る面々は常に自分を突き動かすエネルギーであったと思うし、ポル科の誰かが挑戦しているのを見るとめちゃくちゃ応援したくなる。精神的にしんどい時、また戻ってきたくなる。そんな3年間じっくりと「醸成」された互いの関係が好き。

jascはひたすらに自分の限界と向き合うきっかけを与えてくれ、外の価値観と自分の中の価値観をぶつけまくった。そんな中揺さぶられまくる自分の感情をひたすらに言語化し、それに寄り添ってくれる人がいて、自分がいかに支えられているのかに気づき、「人が好き」という自分の空虚な言葉に実態をもたらした、そんな感じがする。

 

そんな2つがこの夏休みにまた動き出す。動き出してしまう。

 

ポル科の多くのメンバ―は留学に行き、jascはいよいよ来月1年間の準備を経て本番が始まる。

 

高まる可能性への高揚感と、別れへの虚無感。

 

留学に行く友人を見送る会があり、その後も語り合い、みんなが留学先でどんな体験をするのだろう、どんな変化を遂げるのだろうという可能性に心が躍り、一方で日常からすっぽりと抜けるその存在の大きさに戸惑い、別れの寂しさに心が揺さぶられる。そんなぐちゃぐちゃな感情を心に抱きながら、実行委員長として1年間メンバーと共に準備してきたjasc69が目の前に迫る。最高の実行委員と、最高の参加者が集まったと本当に思う。最後の最後まで入念に準備をし、みんなが参加してよかったと言える会議にして、自分に本当に沢山の学びを与えてくれたこの場を次に引き継ぎたい、70回にだけでなく、もっと長いスパンで。そんな思いが募る。

 

このやり場のない感覚を心に抱きながら物事を進めるってここまで大変なことなんだ。そんなちっぽけなことにまた気づく。

 

一か月後、一年後、みんなどうなっているのかなあ。

 

何がともあれ、留学行く人、頑張って!自分もjasc、がんばろーっと。

 

f:id:rshiozaki:20170726131851j:image

 

f:id:rshiozaki:20170726131857j:image